心霊スポット紀行-松山市の廃ラブホテル-

心霊スポット

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

はい、こんにちは、猫温泉です。

このシリーズは、私が過去に訪れた心霊スポットを写真付きで紹介するものです。

そのため、現在の最新の状況とは異なる場合があります。なお、二度三度と訪れてる場合は、その度にアップデートに記事が追加されますが、心霊スポットに行きだしたのは割と最近なのでアップデート頻度は多分低いです(´・ω・`)。

さて、その心霊スポット紀行(今回もほぼ番外編かな?)、第5回目はこちら!


松山市の廃ホテル(2018)

四国は愛媛県松山市に変わった廃ラブホテル、しかも心霊スポットとの噂もある、という興味深い情報を知った。

なんとなく旅行したかった2018年の年末、松山へのパック旅行を見つけ、あまりの値段の安さにホイホイと申し込んだ後のことだ。
正直松山には松山城と道後温泉しか印象というものはなく、とりあえずいつもの旅のように二泊三日で予約をしたはいいが、旅先で何をして過ごそうかと考えていたときのことだった。

なんでもその廃ラブホテルは日本の城を模した形状で、五層の天守と櫓を備えた本格的な作りだという。
さらに営業当時、もっとも高価な天守閣最上層の部屋はなんと一泊数50万円もする、バブルの香りしか感じられない香ばしい物件であった。

これはもう、行くしかない……。

そう決めた私は、松山旅行のコンセプトを早急に固めた。

-松山市内近郊、電車とバスで行ける心霊・珍スポット巡り-である。

松山市で心霊スポットといえば死入峠(笹ヶ峠)や三坂峠、松山市はないもののその近郊で最大の心霊スポットといえば大谷池だが、冬季で足もないのでここらは除外。
お陰でそんなにメジャーでもない(ただしネットで情報を拾える程度の)スポットが何箇所か見つかり、楽しい旅の支度は整った。

旅自体の様子と、ほかの場所については別途記事化するとして、今回はまずこの廃ラブホテルについて記事でまとめようと思います。

◆松山市の廃ラブホテルの怖い噂◆

はっきりいうと、ここは心霊スポットとしては全くメジャーでもなんでもなく、たまに廃墟系の心霊スポットとして扱われる程度です。

話としては女の霊が出るとか、まだ営業してた頃に利用者が幼稚園児くらいの男の子の声が耳元でしたのを聞いた、などの噂がちょろっと見つかる程度。

ということで、がっつり心霊を楽しむぜ!という気分で行っても特に何もないかと思います。
※まあ私はそもそも0感ですが

2000年代初頭に県税滞納により差し押さえられ、その後土地と上物まるっと込みで最低落札価格1億4500万円でヤフーオークションに出品された、という物件です。

ちょっとした小山の上で、住宅地が周りに立ち並びますが、潰れたのも納得のロケーションでした。

◆松山市の廃ラブホテルギャラリー◆

小雨の降り出す中、自転車で向かうという無謀な決断を下す 。

グーグルマップに騙されて山の中の枯葉が敷き詰められた道を進む。
※写真のところはかなりまともな方

廃ホテルの入り口。

謎のダックスフンドの絵がバブル感を醸し出す……。
※写真一部加工しています

下から見上げた五層式天守。
……立派すぎるだろ!

紅葉と廃ラブホテル。

廃ラブホテルの近くには何をするでもなく停まっている謎の車が……怖い(´・ω・`)。

廃ラブホテル横の池にも心霊的な噂は一応あるとか。

城門。

城門から中を伺う。

小天守か?

荒れ果てた庭?

威容を放つ大天守。

どうやらモーテル式のラブホテルだった模様。
大天守閣本丸のサウナ付きの223がおそらく最高額の部屋。
※写真一部像は加工しています

物置と化している車庫部分。

車を下の車庫に止め、ここから上へ入っていくのだろう。

・大天守閣

大天守一階の中。

大天守内の様子。

すっかり荒れ果てているが、荒らされたというより内装を変えたり剥がしたりする工事の途中でやめてしまった感じがする。

エレベーターはまだ往時の佇まいを残した美しさ。

荒れた内部。

トイレの跡。

泊まる人は皆お殿様。

天守から外の曲輪を眺める。

・社長室

最上階付近の階層に社長室の表示が。

社長室のみ落書きが残されている。

社長室からの眺め。

最上階からの眺め。

社長室のある階層から一階層降りると、サウナがあるはずの223号室がある。

・223号室

サウナ付きの風呂。

シャンデリア。

豪華な風呂とサウナ、水風呂

サウナ内部

おそらく水風呂

しかしトイレは和式なのが時代を感じさせる

室内は総ガラス張りだったと思われる

223号室からの眺め

値段を考えるとうーん、となるがそこそこ広い室内

2個目のシャンデリア

さらば●●城。
※写真一部加工しています

雨の中、先ほどとは違う道を下って去る。

◆松山市の廃ラブホテル動画(2018年)◆

廃ラブホテルへ至るまでの道程。

ぶらり松山市の廃ラブホテルへの道_181223

廃ラブホテル配信風景。

ぶらり松山市の廃ラブホテル散歩_181223

写真と音楽のインストゥルメンタル版。(19/02/27追加)

松山市の廃ラブホテル・インスト版_181223

そんなわけで、今回は第5回の心霊スポット紀行、松山市の廃ラブホテルをお送りしました。

この場所は心霊的な逸話はほぼ見つからず、その異様な佇まいと廃業後の経緯から、どちらかというと珍スポットといえるでしょう。

また、今回中まで入れそうだったのでフラフラっと入ってしまいましたが、れっきとした不動産物件ですので、みだりに立ち入ると不法侵入となり、さらに怪我でもしてしまうと取り返しがつかないことになるので、あくまで自己責任でお願いします。

それではまた次回の更新まで(・ω・)/

◆YouTubeチャンネル
youtube.com/…nel/UCfiXOjxQqDEK3O5p-1qqXqQ
◆Twitter
https://twitter.com/nekospA555
◆ツイキャス
https://twitcasting.tv/nekospa555/

コメント

タイトルとURLをコピーしました